HTML5と一部のCSS3セレクタをIE6~8にも対応させるJavascriptライブラリ

HTML5で登場した新要素が未対応のIE6~8で使えるようにするhtml5.jsと、IE5.5~8を一部のcss3セレクタに対応&IEのバグ修正してくれるie9.js。

html5.jsはhtml5から追加されたタグに未対応の古いIE用ライブラリ。CSSで新しいタグをdisplay:block;で設定完了。

IE9.jsは以下の事がIE5.5/6/7/8で出来るようになり便利になる反面一部のCSSが有効にならなかったりと問題もあるようです。私はIE6の事無視なので実際に使った事は無いです。

  • 擬似クラス対応
  • 属性セレクタ対応
  • 透過PNG対応
  • position:fixed対応
  • margin:0 auto;対応
  • max-height,width対応
  • min-height,width対応
  • IE5/6のバグを修正
<!--[if lt IE 9]>
<script type="text/javascript" src="http://html5shiv.googlecode.com/svn/trunk/html5.js"></script>
<script type="text/javascript" src="http://ie7-js.googlecode.com/svn/version/2.1(beta4)/IE9.js"></script>
<![endif]-->
<style type="text/css">
article,aside,canvas,details,figcaption,figure,
footer,header,hgroup,menu,nav,section,summary{
  display:block;
}
</style>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two + ten =