node package manager「npm」のコマンド達

npm

package.jsonを生成

$ npm init

パッケージの基本情報を回答することで、その内容がpackage.jsonとして保存される。

インストールとアンインストール

package.jsonで定義されている依存パッケージをインストール。

$ npm i

パッケージを指定

$ npm i <package-name>
# uninstall
$ npm un <package-name>

バージョンを指定

$ npm i <package-name>@v1.0.0

依存を指定してインストール&package.jsponに保存

dependencies, devDependencies, optionalDependenciesのどれかを指定してすると、その内容がpackage.jsponに保存される。

# dependencies
$ npm i <package-name> --save
# uninstall
$ npm un <package-name> --save
# devDependencies
$ npm i <package-name> --save-dev
# uninstall
$ npm un <package-name> --save-dev
# optionalDependencies
$ npm i <package-name> --save-optional
# uninstall
$ npm un <package-name> --save-optional

GitHubのファイルを指定

$ npm i git://github.com/<owner-name>/<package-name>.git
# タグを指定。
$ npm i git://github.com/<owner-name>/<package-name>.git#v1.0.0

package.jsonでもこの指定は有効。

グローバルにインストール

$ npm i <package-name> -g
# uninstall
$ npm un <package-name> -g

インストールされているパッケージの一覧を確認。

ローカル

$ npm list

グローバル

$ npm list -g --depth=0

パッケージ情報の確認

$ npm info <package-name>

publishの履歴やpackage.jsonの内容を確認できる。

パッケージのドキュメントを確認

$ npm docs <package-name>

package.jsonのhomepageに設定されているURLがブラウザで開く。

パッケージを公開

$ npm publish

公開するプロジェクトのpackage.jsonがあるディレクトリでコマンドを叩くとnpmにアップロードされる。

ヘルプ

$ npm <commnad> -h
# e.g.
$ npm install -h
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × three =