Macの不可視ファイルの可視・不可視を切り替えるコマンド

finder_showall

Macのデフォルトで不可視のファイルやフォルダをファインダー上に表示(可視化)したい時のコマンドとその表示したファイルやフォルダを非表示(不可視)に戻すメモ。

ユーザーのライブラリフォルダを表示させたい場合はこちら。

表示(可視化)

1.アプリケーション/ターミナル.appを起動し、下記コマンドを実行。

コマンドをコピーペースト、returnキー

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles true

2.Finderを再起動。

コマンドをコピーペースト、returnキー

killall Finder

非表示(不可視化)

1.アプリケーション/ターミナル.appを起動し、下記コマンドを実行。

コマンドをコピーペースト、returnキー

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles false

2.Finderを再起動。

コマンドをコピーペースト、returnキー

killall Finder
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × five =